SSRセルフディフェンス代表
河合主水プロフィール 



護身術師範プロフィール

河合主水(カワイモンド)。幼少時から父、禅・水心流宗家の元で実戦空手・実戦護身術を学び、現在、禅・水心流空手道拳誠会館(同禅水心流拳誠会館護身道)館長。また、「治安調査人」としての顔も持つ。

94年、初渡豪。ゴールドコーストの知人宅を訪れるもオーストラリアの虜となる。

95年、ハワイパシフィック大学にて語学留学。留学中、滞在していたコンドミニアムにて地元ギャングによる無差別銃撃事件を目撃(内、銃弾3発はコンドミニアムを直撃)。危機管理術・護身術へ興味を持つ。

96年、再度渡豪、メルボルンではWHビザにて1年間滞在。現地学校での空手の指導にあたる。この時、メルボルンの治安状況を見て、豪州治安の悪さに唖然とする。と、同時に治安調査開始。

滞在中、タスマニアにて観光客が大量虐殺される豪州犯罪史上最悪の「ポートアーサー事件」が発生。知人と共にタスマニアに渡り現地調査を行う。

98年、宗家と共にスイスへ渡り護身術教授を行う。

99年渡豪、3ヶ月間単独にて現地のアウトバック(荒野)を放浪するも、現地での空手指導及び空手演武を行う。その後、シドニー入り。

00'〜03'、シドニーでは水心流空手・護身術の指導及び支部設立に邁進するも、シドニーを中心とした豪州治安情勢を独自に調査。現地犯罪組織・犯罪現場への潜入調査などを積極的に行う。

犯罪組織潜入調査では、ギャング組織からの急襲・負傷するも護身術によって奇跡的に助かる。シドニーはRNホスピタルにて筋接合手術及び動脈接合手術を行い緊急入院。
左親指が全く動かなくなるも実戦空手トレーニングで自主リハビリを行い完全回復する。

また、現地にてSG(セキュリティーガード)・BG(ボディーガード)・カテゴリーH(SG専用拳銃携帯証)ライセンス取得後、アカデミーにてボディーガード特殊訓練課程、BG用特殊射撃訓練課程を修了。

修了後、現地での警備関連の仕事に就く。ボディーガード関連では、現地を訪れる日系企業重役の隠密警護から現地売春宿でのバウンサー(用心棒)まで、幅広く活動した。

現在は、日本護身用品協会に正規加盟後、、護身具販売大手TMM社と正規代理店契約をし、護身術講師と言う独自の視点から護身具販売をする傍ら、水心流空手、護身術、武器術全般と広範囲に渡って指導をしている。また、身体障害者に対する護身術指導も同時に行っている。

渡豪も多く、現地支部での水心流空手及び護身術指導、オーストラリア治安情勢の調査・公開、執筆活動を行う豪州治安調査人及び現地での要人警護(ボディーガード)を行っている。
他、スーパーヌンチャク講座講師豪州治安調査プロジェクト「A.C.I」統括。 現在全面的に携わっている、実戦空手道場はこちら
実戦護身術教室はこちら。 以下、修了課程一部(英文)。


<修了課程>

ボディーガード特殊訓練課程修了⇒Cert. III in CPP Package (12514SA) ==PPA13 Close Personal Protection (Principal Surveys, Threat Analysis, Venue Surveys, Situational Analysis, Route Surveys, Operational Orders, Risk Analysis, Formations, Walking Drills, SOPS, Embus & Debus Drills)

米政府公認モナドノック警棒術・手錠(捕縛術)他、逮捕術(徒手格闘術)訓練課程修了⇒Monadnock Expandable Baton and Handcuff Course, Monadnock Defensive Tactics & Weaponless Control

セキュリティー訓練課程修了⇒Cert. II in Security (Guarding) PRS 20198

警備業専用半自動拳銃訓練課程修了(ボディーガード専用特殊射撃訓練課程)⇒Security Industry Semi-Auto Accreditation Course (CPP Package)

NSW州警察認定射撃トレーニング及びカテゴリーH用射撃訓練課程修了(警備業拳銃携帯許可証Hライセンス)⇒Category H license, NSW Police Accredited Security Firearms Training



<NSW州警察公認セキュリティID&拳銃携帯許可証Hライセンス(現物)>




<その他>

米Paul Ekmanグループ認定「Ekman メソッド」METT プログラム・Expert Level(Paul Ekman博士=米人気ドラマ「Lie to Me 」のカル・ライトマン博士の元となった現実の微表情学者(嘘発見の権威))







HPトップへ戻る